【ぼくポケ】リリース2020日記念!?チアフルゴールドシリーズが登場 #ぼくポケ ※最下部に追記・訂正あり。

こんにちは、クマのたあくんです(・(ω)・)

今日は新しいガチャの紹介・評価となります。リリース2020日記念として登場したその名もチアフルゴールドシリーズ!

 

ガチャ期間は明日日曜の昼までとなっており、またしても投稿が遅くなってしまっております。申し訳ございません(;´Д`)

 

だいぶ遅くなっておりますので、早速本題へと入ってまいります(((((((((((っ・(ω)・)っ ブーン

今回の属性は曇~♪

 

野手

マネの名前がスキル名になってる~₍₍ ◝( ・'(ω)’・ )◟ ⁾⁾

投手

どうやら3種ダウンorアップに加えカットもついてて強力ですねщ(・(ω)・щ)

ベンチ

ベンチも案の定、魅力的(゚∀゚)

 

総評 チアフルゴールドシリーズ

野 手 ★★★★★

投 手 ★★★★★

ベンチ ★★★★★

満点評価の安売り?いやいや、あのスキルの対策にもなるし、メイン装備にもしたい。ゆえに、当然のオール5つ星です。

今回の新ガチャはわかりやすく強い装備でした。ので、まずはザッと箇条書きに起こしておこうと思います。

 

アクティブスキル

・野手、投手、ベンチのそれぞれのアクティブスキルが3種ダウン+カットor3種アップ+カットの構成。

・アクティブスキルの強度は、Lv6で3種ダウンorアップの部分が弩級。カットは超激烈。

・ベンチスキル「あやのの分析」以外のカット効果は相手打者の出してたすべてのアップスキルが対象。

相手打者の出したすべてのアップスキルをカット→打者・ベンチレジェンズ対策

・もちろん、あやのの分析も強力(゚∀゚)

 

ノーマルスキル

・ノーマルスキルは野手、投手ともにアクティブスキルがダウンならダウン。アップならアップ。

・これについての強度はLv6でいずれも超激烈。

・さらに、野手、投手ともにノーマルスキルには味方守備上げの効果もついている。

・強度はLv6で野手が弩級。投手が超極絶。

・捕手グローブは自分のミート上げと投手3種上げで、上げ上げ系。

 

という感じ\_(・(ω)・`)

アクティブスキルは共通項が多くとてもまとめやすいですね。そして、わかりやすく強い。改が出ればさらに1段階強くなるので将来性もある。ということで非常に価値の高い道具と言えるのではないでしょうか。

 

他の装備との比較をするならば、人気装備の一角を成す黒騎士・黒騎士改シリーズ(以下、黒騎士)が挙げられます。その特徴を簡単におさらいすると、曇属性で2種ダウン&カット。チアフルゴールドはと言うと、曇属性で3種ダウン&カットを持ち合わせているため、黒騎士の上位互換性を含んでいると言えそうなのです。

 

ただ、黒騎士は黒騎士で今現在とても強い装備のひとつなので★評価を下方修正といったことはしません。スキル強度だけで言えば黒騎士は既に改まで登場しており、チアフルより1段階高い強さを発揮できますしね。もし、黒騎士のガチャ評価の下方修正を考えるとしたらチアフルの改シリーズが出たときでしょう。

 

そして何より、昨今のぼくポケにおいて最も厄介なスキルといえる「レジェンズ・レジェンズ改シリーズ」に対する役割も担えるのがチアフルゴールドシリーズの魅力と言えます。レジェレジェレジェと頭を使わなくても出せば強い、勝てるという風潮を好まない私としましては、またひとつレジェに対抗できるスキルが出てきたことは嬉しい限りです(゚∀゚)w

 

あとはノーマルスキルも上げ下げ合わせて4種に関わっており、メイン装備にもしたい道具のひとつと言えますね_(´(ω)`_)⌒_)`

 

ということで、記念ガチャというだけあって魅力は充分。ガチャ期間残りわずかではありますが、まだ回してない方は検討の余地があるかと。

 

では、また(´(ω)`)ノ♪

 

 

追記と訂正:メリットのひとつとして挙げた「レジェ対策になる」について、ユーザーさんから頂いた情報もあり、レジェ対策にならないのではないかという疑惑が出てきました。当ブログのぼくポケガチャ記事は私個人の見解を記事にしたものであり、必ずしもこれが絶対であるという情報ではありません。とは言え、流石に今回は自分でも疑わしいものは記事にすべきではないと判断し、投稿した記事本文中の該当箇所に訂正線を入れさせていただきました。よく確認せず投稿してしまい、読者の皆様に混乱を招き申し訳ございませんでした。。
なお、レジェ対策にならないのではないかという疑惑が出た理由については、レジェ対策として知られているハンターシリーズのアクティブスキル説明文の表記との比較によるものです。具体例と致しまして、ハンターシリーズとチアフルゴールドの野手バットのアクティブスキルの比較をさせて頂きます。まず、ハンターバットのアクティブスキル説明文には「天気が曇りで守備のとき、野手として出場している相手のアクティブスキルを大カット!」との表記があり、相手の出場野手全員が対象になっているので、複数の相手野手がレジェを使っていればそれらをまとめてカットできることがわかります。つまり、ハンターはレジェ対策になるスキルということです。しかし、チアフルゴールドに関しては、「守備時、相手打者の発動したすべてのスキルのアップ効果を超カット!」とあり、打席に立っている相手野手のスキルにのみカットが入るような印象を受けます。この場合、複数の相手選手に効き、レジェ対策になるかどうかは現状は不確かです。レジェ対策にも値するスキルと称するならばハンターのように複数の相手選手にカットを入れられるようでないと意味がありません。以上のことから、何を以て正しい情報判断できないことから該当の箇所には訂正線を入れさせていただきました(一度書いてしまった事実は残す意味も含む)。
ただ、いずれにせよ私個人的にはやっぱり曇でこの構成、強度はかなり魅力的でオール5つ星であることには変わりないことだけはご理解いただければと思います。
最後に重ね重ねとはなりますが、このたびは不注意により不確かな情報を載せてしまい大変失礼いたしました。ここにお詫び申し上げます。申し訳ございませんでした。

( ´(ω)`)。o○(各種SNSシェアはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください