【ぼくポケ】新ガチャ!吟遊詩人シリーズが登場! #ぼくポケ

こんばんは、クマです(・(ω)・)

 

そろそろお盆ですね。長期休暇を使って旅行はたまた帰省やお墓参り、親戚一同集まってワイワイガヤガヤなんてこともあるのでしょうか。思い思いの休みをお過ごしくださいね_(´(ω)`_)⌒_)`

 

さて、今日は新ガチャ紹介です!

 

その名も吟遊詩人シリーズ。今回はぼくポケライフでの事前告知もないなかでのリリースでしたね。では、中身をチェックしていきましょう。

 

野手

 

後続への効果が徐々に増えるという新しいタイプですね。なお、捕手ノーマルの画像は撮り忘れました。いずれ追加します(; ・`ω・´)

投手

投手のアクティブスキルはグロ・スパで分かれておらず1種類です

ベンチ

味方野手or投手に向けて3種アップが回を追うごとに強くなります

 

 

総評 吟遊詩人シリーズ

野 手 ★★★★☆

投 手 ★★★★★

ベンチ ★★★★☆

局所的な使い方をすることで強さを発揮!

まず、野手は回を追うごとに後続打者への味方ベンチスキル効果がブーストされるわけですが、これは重ねがけありきかなぁと思いました。現状におけるその効果は最大で超極絶。後続打者へのベンチスキルブースト自体は嬉しいのですが、最近では相手から受けるカット系のスキルもどんどん増えているので超極絶1枚ではちょっと寂しい気がします。そういった流行りのデバフを乗り越えるために野手の吟遊詩人を使うというのであれば、近しい打順2人が同時発動させてその後続打者達にブーストを重ねがけでガッと効果を高めてあげるぐらいでちょうどいいんじゃないかというのが私の予測です。そして、ただでさえ天気によっては選択しにくかったり終盤でしか使わないかもしれないことも踏まえると、なかなか条件はハード。そうまでして使いたい?ガチャ回す?と考えると4つ星ぐらいでちょうどいいのではないかと判断しました。

 

つづいて投手。野手は自分が発動したスキルが自分以外(後続打者)に影響を与えますが、投手の吟遊詩人は自分に還ってきます。ゆえに使いやすさはマル。具体的に言うと、回を追うごとにパミダウンの効果が上がり、通常はレベル6で弩級ダウンのところを7回以降は超弩級ダウンになります。改が出れば異次元ですね。これはデカい。終盤にしか使わないとしても揃える価値があることは同タイプのヒュドラシリーズで実証済み。ここまでだけでも5つ星に値するのですが、加えて味方ベンチスキルのブーストも付いてくるのだから投手の曇属性装備としては人気が出るんじゃないでしょうか。

あ、言い忘れましたが投手装備に関しては先発完投が大前提で考えてくださいね(・(ω)・)

 

最後にベンチ。投打それぞれ3種アップで、現状の最大効果は超弩級。しかし、その条件はやはり7回以降の終盤での起用時のことであり、通常は最大で弩級。って考えると魅力半減な気もしますので4つ星に留めました。改が出たら通常でも超弩級になりますし、5つ星にできそうですね。

 

以上です!では、また(´(ω)`)ノ♪

( ´(ω)`)。o○(各種SNSシェアはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください