【ぼくポケ】今度こそ今年最後の新ガチャ!ウンディーネシリーズを紹介! #ぼくポケ

おはようございます。こんにちは。こんばんは~。クマのたあくんです

 

前から寒かったですが、ここのところさらにグッと寒くなってきましたねー

厚着をするなり寒さ対策しっかりとっていきましょう~

 

さて、今日は新ガチャです!

前回の記事タイトルで「今年最後の新ガチャ」と謳ってしまったあとですが、今度こそ今年最後の新ガチャです(´º∀º`)ファーw

 

ウンディーネ!内容はあのレジェンズシリーズの効果の逆バージョンだとか。どんな感じか、具体的に見ていきましょう。

 

野手

最少で「小」、最大で「超」はレジェと同じ配分です

投手

投手も同様( ・ิ(ω)・ิ)

ベンチ

ベンチは枚数で変動しない方のスキル強度(この場合パミ走上げ)が、レジェンズのそれに値する部分より1段階高めでした。

公式攻略情報

枚数によってスキル強度がどのように変化していくのか気になるところでしたが、レジェと同じなら皆さん慣れてそうですね

 

総評 ウンディーネシリーズ

野 手 ★★★★★

投 手 ★★★★★

ベンチ ★★★★★

(もはや意味を成していない★評価)

レジェンズ同様、どんなチームに入っても重宝されるスキルになると予想される

レジェンズがデビューした時の私なりの評価はオール★4スタートでした。その理由は、スキルが強いとはいえチームのほぼ全員が高レベルで揃えるのは敷居が高いだろうと踏んでの★4だったからです。しかし、実際は揃ったときのぶっ壊れ具合があれよあれよと広まり、ぼくポケの世界で一世を風靡するスキルとなったわけです。初登場から1年後、レジェンズ改が出た際に問答無用でオール★5の再評価をしたのですが、その一連の経験・学習を踏まえ、今回レジェンズの逆バージョンと称して新たに登場したウンディーネに関してはオール5つ星でのスタートと致しました。

 

さて、そんなわけでスキルの内容や強度はもう皆さんある意味慣れているところであり公式攻略情報も載せてくれているので、細かい説明は必要ないと思っています。

 

とはいえ、自分がレベル6のウンディーネを持っていてスキルレベル問わずチーム全体のウンディーネ発動数が12以上(強度MAX)だと、どのくらいのスキル強度になるのかだけは書き連ねておこうかと思います。

 

野手アクティブスキル:オーバーフローLv6(チーム発動数12以上のとき)

自分のパ・ミが弩級アップ、自チームの全打席で相手投手の威・コ・変が超激烈ダウン

投手アクティブスキル:メイルシュトロームLv6(チーム発動数12以上のとき)

自分の威・コ・変が弩級アップ、自チームの全打席で相手打者のパ・ミが超弩級ダウン

誤:自チームの全打席で~→正:相手チームの全打席で~

ベンチアクティブスキル:タイダルサージLv6(チーム発動数12以上のとき)

味方打者のパ・ミ・走が弩級アップ、自チームの全打席で相手投手の威・変が超弩級ダウン

 

こうしてみるとレジェンズのスキル構成と若干の誤差がある部分があります。しかし、天気属性が異なるため実際の試合でレジェンズと相殺しあうわけではないと思えば、さして重要ではないでしょう。(が、お互いの対抗手段として全否定するつもりもないです)。そして、肝心な強度ですが、やっぱり下げられ度合いが末恐ろしいですねΣ(´◎(ェ)◎`)

 

投手やベンチは超弩級って一目瞭然ですし、野手も超激烈ダウンが何枚も重ねられると思えばとんでもないダウン量です。相手チームに質・量ともに最大限で出されてしまったら打席に立つ側からすると、どれだけ上げに振らなくてはいけないのか・・・ゾッとします。

 

全体ダウン系のメダル装備でカオスシリーズなるものがあったかと思いますが、野手装備に関してはそれに匹敵する価値があります。投手とベンチ装備に関しては、おそらくカオスシリーズ以上の強さがあるでしょう。

 

というわけで、堂々の5つ星スタートを飾るウンディーネシリーズの紹介でした(´(ω)`)ノ♪

 

いやーこの調子でいくと、1年後には晴れで似たようなシリーズ出るんだよなー( ᐛ ) アパー

みんな、ガチャ頑張りましょうねʕ´•ᴥ•`ʔ

(という自分は試作1つ出るのに回数かかったから撤退w)

 

では、また(´(ω)`)ノ♪

( ´(ω)`)。o○(各種SNSシェアはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください