XJAPANの緊急記者会見を見て思ったこと




みなさん、こんにちは。たあくんです(´(ェ)`)ノ

今日はゲームから離れ、趣味のお話。

私はXJAPANが好きで、以前XJAPANのYOSHIKIさんに関する記事を書かせて頂きました。

ヤフトピに掲載されたYOSHIKIの記事について

その後、しばらく空いて先週?今週?6月9日にライブに関する会見を行うとの情報をYOSHIKIさんのTwitterで知り、当日に至ります。

 

そして発表された内容は…

 

ライヴ全日程決行。

 

一瞬、耳を疑いました。そしてこの人の精神的・肉体的なタフさに「驚いた」の一言では済まない感情が湧きました。

何考えてんだこのひと、ほんとに死ぬ気か?と。

ただ、これにはつづきがあって、

YOSHIKIはドラムを叩かない

ピアノでのみ参加

全編アコースティックバージョン

 

の条件があるということ。

私は無理してまで開催してほしくないと思っていた立場なので、「あぁ、妥協ありきの決行なんだな」と少しだけ安心しました。

 

 

そもそも会見は、Toshi・PATA・HEATHの3人が会見会場に登壇し、YOSHIKIさんはロスからの電話参加で進行されました。(SUGIZOさん欠席)

進行の方が、「メンバーの方からYOSHIKIさんへエールをお願いできますか」といった旨を問いかけると、

PATA「(昨年緊急入院した)俺が言うのもなんだけど、お前が大丈夫なのか(笑)」

YOSHIKI「何この病院バンド(笑)」

などと、笑いもあって決して暗~い会見じゃなかったのは「あ、いつものXだ」と思えてよかったですε-(´(ω)`)ホッ

 

 

それにしても、YOSHIKIさんは本当にタフだ。「止まると終わってしまうのではないか」という不安や焦りに立ち向かえる“精神力”。復帰に向けピアノの練習をしながら、電流がビリビリ走るような痛みに耐える“肉体”。

プチ暴露ですが、私も実は病気で思うように働くことはできません。ここ10年で3度倒れ、ついには会社員生活から撤退しました。

なんでYOSHIKIさんやXJAPANが好きだったか、最初の理由はもう思い出せません。

しかし、幸いにも今私はXJAPANが好きだから、なんとか生きていこうという想いに踏みとどまれています。

というか、私の苦しみなんて、YOSHIKIさんやXJAPANメンバーのこれまでの痛み苦しみの比ではないはずです。(それでも一時期、自分はこんな路上で死ぬのかと思ったこともあったけどw)

そして、今YOSHIKIさんは新たな困難に立ち向かっている。だったら、自分も…

と、改めて考えさせられる昨日の会見でした。

(参考:X JAPAN、日本公演「決行」 YOSHIKIはピアノのみで参加)

 

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました

また明日もお願いしま~す(´(ェ)`)ノ

 

 










( ´(ω)`)。o○(各種SNSシェアはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください