【城ドラ】BOX紹介と育成方針~その7~

どうも、こんばんわクマで~す(´(ω)`)ノ♪

さて今日も育成見直しやっていきますよ~

今日は、「なる早で30フルにしたいキャラ」と「足キャラ」の計5体です。

また、いつものごとくアドバイスもお待ちしております。

では、早速御覧くださいщ(・(ω)・щ)

 

早く30フルにしたいキャラ達

マーメイド

まずはマーメイド。彼女もまた3ヶ月前の育成見直しでは、だいぶ後回し予定のキャラでした。が、ここへ来て優先順位が急上昇。理由は「D1が取れそうだから」。名前の横に入れ忘れてますが、現在はD2です。今回のフィーバーでおそらくD1獲得できます。トロフィーポイント残り12000ほどですが、フィーバーとルーキーボーナスを合わせて3日間も必要ないでしょう。それだけに、中身(ステ)もしっかり育てておきたいというのが心情。育成の仕方としては体力と防御力を重視して先に振っています。ご指摘等あれば教えてください_(・(ェ)・`_)⌒_)`

 

マタンゴ

マタンゴに関しては前回の育成記事でもそこそこ主力的な立ち位置にいました。今はめちゃくちゃ活躍してるとは言えませんが、それでもまだまだ頑張ってくれています。そもそも、なぜマタンゴやマーメイド育成のピッチを上げるようになったかというと、「コストがかさむ手札になりやすいことへの対策」「敵キャラの足止めになるキャラの不足」の2点が挙げられます。というか、5体出せて、状態異常が強く、今後も大事な存在になっていくと思うのでどちらもちゃっちゃと30フルにしたいものです。マタンゴの育成方針もマーメイド同様、体力と防御力重視にしています。

 

調査兵団

あまりにも使えない。というか自分自身が使い方わかってないというお恥ずかしい理由で時には補欠入りしていたキャラ。使い方を見たくて色々な有名プレイヤーさんのmirrativ配信を見たりもしました。某ランカーの方には直接質問をさせて頂いたこともありました。そういったことも踏まえて主力にすべく徐々に育てていった結果が現状です。昨日中型の主力がパンダと書きましたが、パンダの次に火力を持つのが私のBOXでは兵団となります。はい、深刻な火力不足は3ヶ月経った今も続いております。。。。育成少し進めたと言っても、火力キャラと言えるのはスキル発動の瞬間だけですしね(/(ω)\)まぁそれでも色々参考にさせて頂いたことにより、砦裏の大・中型迎撃めがけてやや遠目から出してみたり、接近戦の自陣大型に重ねて出したり、ワンチャン対空なんて使い方もできるように。育てていくうちに、「たしかに強いなぁ」と思う機会はグッと増えました。前線へ飛んでいったあとも相手が苦しむ場面が増えたように思うので、このまま30フルにしたいというのが今の思いですщ(・(ω)・щ)ただし、メダルの割り振りは特に深く考えてません。30フルにするとはいえ直近だと攻撃を上げたほうがいいですかね?(´º∀º`)

 

足キャラ

ラビット

足キャラその1。どうも私は足キャラに対する意識が低いようで。前回の見直し記事から変わったのはおそらくキャラレベルだけかと。レベルを上げたのもちょうど昨日24→27に一気に。正直、この3ヶ月間何も触ってませんでした(* ̄(エ) ̄*)ただ、改めてステータスを見ていると、火力だけでなく壁も不足している私のBOXにとって、(この3ヶ月の間にいくつか上方が入ったラビットは)育てたほうがいいのかもと思うようになりました。あれ?これ前回も言ったような・・・・。ひとまずはスキルと防御を上げようかな_(´(ェ)`_)⌒_)`

 

ジャイアントサイ

本日ラストはサイ。マルチをグルでやるとき、周りがゴッドばかりなので私は必然的に裏を足キャラにすることが多いのですが、ウサギとサイどちらがいいかを尋ねると十中八九「サイ」と返答されます。それだけ重宝されるキャラではあるのですが、いかんせん育ってません。そして、ソロでは補欠にしてます(´º∀º`)ファーw ソロとマルチでのニーズの矛盾が育成が滞っている原因にも思えます。むしろサイとウサギのどちらかを捨ててヌボボ(いまだ強いよね?)を買って育てたいくらいなのが今の心境だったりも・・・・w なので、今のところこのキャラは育てる見込みありません。残必要メダル枚数も1340とぶっちぎり。サイの処遇をどうすべきかどなたかお教えください_(´(ェ)`_)⌒_)`

 

 

はい、今日はここまで!

書きながら自分自身色々見えてくるものがあるのでやはりこういうのは大事だなぁ~

また後日続きを書いていきます!

では(´(ω)`)ノ♪

( ´(ω)`)。o○(各種SNSシェアはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください